So-net無料ブログ作成
検索選択

良く分からない解散総選挙 [日本の政治、世界の政治]

 安倍総理も任期を2年近く残し、衆議院解散に踏み切りました。
12月2日公示、14日投票という総選挙日程で1月市議選の前です。友人にアベノミクス効果を聞いてみてもたいして変わっていないみたいです。テレビでは株価上昇、大企業の円安効果で空前の利益とか言ってますが中小零細企業の厳しさは増すばかりです。

 増税も1年半の先送り、安倍政権の信を問うとの事ですが600億とも700億とも言われている血税を使って重要法案そっちのけで果たして今この時期にやるべき事なのかと思います。消費税は上げるのも見送るも「行くも地獄、下がるも地獄」見送れば財政悪化の先延ばしすることになるし増税すればさらに景気悪化を招きます。既定通りに自民が増税を強行し(3党合意があったのですが)野党が反対すれば国民に信を問うならまだ理解できますが、増税を先延ばしにして信を問うのは変な感じです。

増税して信を問えば自民はボロボロになるので増税を先延ばしにしても野党は無責任な事ばかりを言うとのイメージを植え付け大勝しようと言うずるい作戦に見えて仕方がありません。かといって野党の考えにもずるさを感じますし、国民不在のどっちらけ選挙で大枚はたいて投票率は低いながらも自民の現状維持か大勝ではないかと。
これでは日本はまだまだ政治の世界では後進国と思われるでしょうね。
nice!(1)  コメント(4) 

nice! 1

コメント 4

安泰

誰が、どの候補者に投票するか?そしてどの政党に決めるかは私達国民の審判にゆだめられますが昨日の読売の記事では21日解散来月14日投票だとこの日は兵庫県赤穂市の義祭と重なる為投票所の管理作業に当たる市の職員や投票の立会人である非常勤職員各町内から選出された方々が不在になる為その措置として市内の小、中学校の職員や部長級の幹部職員を各投票所や開票作業所に派遣する措置を取るそうです。
by 安泰 (2014-11-19 20:53) 

kochan

 解散総選挙で潤う業者もありますが、一般的には年末に金使ってあんまり意味ないんじゃないの?と言う感じじゃないでしょうか。投票率も関心も低いと思われます。
政権交代の民主期待外れのショックも大きく何を言おうが期待できない、誰を選ぶかではなくどちらがマシかの消去法ですね。私は国政選挙では特定候補者の応援はしませんが、政党や政策より人柄で選びたいと思います。
 亀岡市も担当職員はてんてこ舞い、亀岡市議の候補者説明会も13日から21日に延期されました。
by kochan (2014-12-02 15:28) 

安泰

衆院選の投票日の為に伝統的な祭を中止や延期は出ないと言う赤穂市の判断は正しいと思います、本市でも毎年10月23日は亀岡祭の山鉾巡行同じ日に衆院選の投票日が重なってしまうと市の職員は祭の前日準備などに仮出されて結局市内の小、中学校の職員を投票所に配置させたりの措置になりますが普段は生徒や児童に向き会うのが本職ですが投票所や開票所の配置になると開票ミスや投票用紙の渡し間違いも一概とは言えませんよねえ。
by 安泰 (2014-12-02 20:13) 

kochan

本当に急な選挙で選挙管理委員会は大忙しです。

いつも思うのですが、期日前投票で本人確認をしないのはおかしですね。

ニセモノが投票して後に本人が現れて投票してもニセモノの投票も有効票になるそうで不正の温床になっているかもしれません。
by kochan (2014-12-08 02:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。