So-net無料ブログ作成

大規模スポーツ施設整備事業に係る状況報告 [亀岡市議会]

CIMG1.jpg
 7月7日全員協議会室で大規模スポーツ施設整備事業に係る状況報告(行政報告)がありました。6月23日のでの府議会の質問に対し完成が1年アユモドキの調査研究で工事が1年遅れる事が明らかになったと翌日の京都新聞の記事を見ましたが、市の説明によりますと1年遅らせた要因は基本プランの策定が当初目標より遅れた事が主な要因だそうです。
 そもそも平成28年末に完成を目指すとしていたもので、確定していた工事が1年伸びると言う解釈ではなく、ましてやアユモドキの調査研究が主な原因で遅れるのではないとの事でした。解釈って難しいですね。今問題になっている集団的自衛権の憲法解釈も人それぞれ違いますもんね。
 亀岡市の負担分は用地買収費が約14億、アクセス道路建設費が約18億、上下水等のインフラ整備が約3億、公園整備費が約15億で概算約50億だそうです。
議会質問でも概ね数字は聞いていましたが公園整備費についても費用がかかるような答弁がありましたが、金額を概算で聞いたのは初めてで、用地買収よりも公園整備に金がかかる事に驚きました。ただ、50億丸々市の負担ではなく用地の買戻しは国・府より3分の1、公園整備費も公園整備に必要な施設として2分の1補助がおりる見込みだそうです。上水については市の単費負担になりますが、下水については有利な方策を考えるとの事。
 この図面の白抜き部分が府の範囲でカラー部分が亀岡市の範囲で、駐車場の掘り下げげ費用等は府の負担分になるそうです。よくある質問ですが、スタジアムが出来れば水害が増えるのではないかとの質問をよくされますが、地下に貯水槽(2万5千㎥)、駐車場を掘り下げ(2万3千㎥)等によりスタジアム建設により水害が増える事はないとの事です。公園整備の半分を補助が出るとしてもかなりの金額が必要です。それに見合うような経済効果やシティープロモーションを考え、試合のない日の観光について(亀岡市の商店が潤いお金が落ちるように)考えて行く必要があると思います。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。